topimage

2017-09

思えば・・「小さな恋のものがたり」から・・・ - 2016.09.05 Mon

ここ標高1300m辺りでもいつの間にかコスモスの花が風にやさしく揺れはじめ、あちら

こちらで咲いています。あぁ、台風が逸れてくれて良かったー!今回は、絶対にストライク

で自然には、逆らえないわ・・とある程度の覚悟をしていました。あんなにきれいに咲き乱れて

いるコスモスを見てしまうと祈るような気持となります。

コスモスを見ているとなぜか元気をもらう反面、切ない懐かしさが蘇ってくるのは、そう・・・

わたしが、中学生のころ初めて読んだ「小さな恋のものがたり」という叙情まんがの世界を思い

出してしまうからかもしれない。第1集が出版されてかれこれ50年近い。作者は、今も現役で

いらっしゃる「みつはし ちかこ先生」。主人公は、「チッチ」という純情可憐な女の子。その

チッチの可愛い恋のお相手が「サリー」というこれまたハンサムで女の子にモテモテの彼。

ある日、バスケット部だったわたしの先輩が、密かに回し読みしていたこのまんがをやっと

借りる順番が回ってきたのです。あのころ等身大のまんがの世界にはまり、ずーっとわたしの

愛読書となりました。何十年かぶりで本棚から取り出して第1集からここ毎日、止まらなくなって

読み返しているのです。あの頃に戻って胸キュンキュンな気持ちで・・・。

そのきっかけは、「みつはし 先生」が2011年に出版された「野の花あかり」という俳句集で

俳句のことなどちーっともわからないわたしでしたが、その題名にも惹かれ、どうしても拝読して

みたい!と探しました。勉強して大好きな野の花の俳句を楽しまなくちゃ!

「小さな恋の~」の中で主人公、チッチに教わった野の花の魅力や名前。このまんがに出会わ

なければ、きっと違った道を歩いていたかもしれません。

            282016IMG_7488

282016IMG_7479

282016IMG_7489 282016IMG_7483

                コスモスが咲いて・・・思い出す・・・

282016IMG_7233 282016IMG_7235

           愛読書「小恋」。現在、新刊43集続行中!!すごい!

                   そして「野の花あかり」俳句集。

          野の花あかり (1)

                     (注 すべて許可済み)

このことが、きっかけで「みつはし ちかこ」先生のすべてを応援するブログに出会うことになり

現在の先生のご活躍、「チッチとサリー」のことなどが、一目瞭然でわかります。

ここで9/25まで開催される「みつはし ちかこの世界展」(岩手・花巻の萬鉄五郎記念美術館) 

のことも知ることが出来ました。詳しいことをもっと知りたいわたしと同じ「小恋」ファンの為に

「みつはし ちかこの昨日、今日、明日へ 小さな恋のダイアリー」へのリンクを!!

  

(ブログ記事) http://ameblo.jp/chich1941/entry-12192439357.html

http://ameblo.jp/chich1941/entry-12184519270.html

(ショップ学研) https://shop.gakken.co.jp/shop/order/magazine/mg_list.asp?code=C0001

    今日は、わたしの「小さな思い出」のお話を聞いていただいちゃいましたね!

           きれいなコスモスを愛でましょう。   *** KIRAKO ❤

スポンサーサイト

にほんブログ村ランキングにエントリーしています。 応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

● COMMENT ●

KIRAKOさん
こんばんは!
前回の初秋の野の花のブログの写真が素敵だったのでコメントしようと思っていたら、またまた素敵なチッチとサリーのブログに更新されていたのに、ビックリ❗️です。
私も、チッチとサリー大好きでした。
みつはしさんの文字も可愛くて・・・。
私も『チッチとサリー』が大好きな友達に借りて読んでいました。
うっとりしながら大切に読んでいたのを覚えています。
KIRAKOさんのおかげで、青春の1ページを思い出す事ができました。
初秋の野の花のブーケもとっても綺麗でした✨

どうしよう!!

omphalodesさま
こんばんはー!! 「チッチとサリー」、やっぱり読んでいましたかー! omphalodesさんもなんだか読んでいたような気がしていました。だって優しい花が、お好きだから・・・。それに読む本の好みが、一緒だし、きっとコメントをくださるなーって感じていたの。↑でも書いたけれど、第1集から読み返して2集、3集・・・食事が終わればすぐにまた読んで・・・。あ~、どうしよう、止まらなくなってしまいましたー。。。やきもちやきで純粋なチッチ。野の花や自然が、大好きなチッチ。この集中力は、なんだー!? 仕事にも集中しろーって陰から聞こえてきそうです(笑)。初秋のブーケのこともどうもありがとう!うれしい!!🌹*** KIRAKO

うっわ~~!!
なつかしや~~~^^
漫画とか読まない方ですが、この小さな恋の物語だけは読んでました。
野の花あかり観てみます。
興味津々^^

やっぱり高原のコスモス綺麗だな~
八ヶ岳の秋ブログで楽しみます

キャサリンさんもー!

キャサリンさま
こんばんはー! やはり読んでいましたか!! 惹きこまれてしまいますよねー、この世界には。あのころ、夢中になって読んで涙して笑って!それが、今、見ても同じなんですものー。何歳になっても変わらず(笑)。もっとすごいのが、みつはし先生。ずーっと「チッチとサリー」を描いていらっしゃるその少女のような心を失わないすごさ!まんがのなかに出てくる詩に胸打たれたけれど「野の花あかり」は、昔から作っていらしたこの俳句のベースがあったからこそその作品に肉ずけしてできた自然な気持ちなんだなーって思いました。俳句、勉強しなくちゃー!今日は、来てくれてありがとう!また秋ブログ、見に来てねー!↑のomphalodesさんは、キャサリンが、ここで買ってくださったポストカードを描いた方ですよー!🌹*** KIRAKO

チッチとサリー

おはようございます!
この本のことだったんですね!私はちらっと知ってはいるのですが、きちんと読んだことなく、また、野の花目線では全然意識していませんでした。
でも、浮かんでくる絵が、タンポポの綿毛をとばしているチッチの絵なんです。なんでだろう。。。
子どもの頃のピアノの先生のおうちにあったのかな?
改めて見てみたくなりました!

杏さんには読んでほしい!

杏さま
きっとこのまんがをわたしが読んでいたころは、中学生のころだったので杏さんは、ドイツにいらしたころ?違うかな、もっと小さなころかも? もちろん、このまんがに夢中でしたが、そこに出てくる野の花たちの影響力って大きいなー。機会があったら図書館ででも借りてみてください。それこそなければ、いつでもお貸ししますよー。イヌフグリ、ネジバナ・・・タンポポの綿毛!原点に戻れる本です!!🌹*** KIRAKO


管理者にだけ表示を許可する

秋の花を見つけに行こう! «  | BLOG TOP |  » 初秋の野の花を抱えたい ***

プロフィール

KIRAKO

Author:KIRAKO
ハーブスタンドのブログへようこそ!
八ヶ岳南麓、標高1300mの地で、夫、黒ネコ2匹と共に、
花に関する雑貨、ローズナーサリー等のショップを営んで、
25年になります。暮らしの中で、感じた、四季折々の出来事を、私「KIRAKO」が、お届けしたいと思っております。

ハーブスタンドのホームページ : www.herb-stand.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ローズ (99)
ショップ&ティールーム (22)
ハーブティー (2)
ドライフラワーリース (44)
フラワーアレンジメント (52)
ガーデン (39)
植物 (124)
ネコ (16)
未分類 (211)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR